アウトドア 生活 遊び場

【よしだまとめ】手頃なシュラフまとめ6+3選!キーワードは「シュラフ コスパ」

投稿日:

世の中に溢れている商品の紹介やランキング。

数が多すぎてわからなくなってしまった私は
独自のツール(肌感覚)で集計。

N数不明肌感覚は気分次第
そうこれは、吉田による吉田のための吉田まとめ〜!

こんにちは よしだんちの吉田です!

さて今回は 冬になったと言うこと、そして空前のアウトドアブームと言うこともあり
寝袋まとめをやっていこうと思います!

 

よしだまとめについて

いやー寒くなりましたね〜w

某スポーツショップの店員さんは
アウトドアにオフシーズンはありませんよ笑」って言ってました。

 寒いからってアウトドアを避けるのはナンセンスらしいので皆さんもお気をつけ下さい… 

さてさて
そんな中で、私自身も最近ランクルプラドの150後期が納車になったこともあり、妻と二人で車中泊にチャレンジしてみようと言うところです。

そんなこともあり、今回はシュラフまとめとさせていただきました。

シュラフはアウトドアだけでなく、災害時にも活躍するアイテムです。
コンパクトになるタイプが多く、ここぞと言う時に近くに置いておける便利アイテムです!

 

ではまとめに入る前にこちらの企画について説明を少々

冒頭にもありましたが

こちらの企画ではわたくし吉田が
YouTubeインスタブログなどで紹介されている商品PR・商品ランキングを元に
独自のツール(肌感)まとめたものを紹介しています。

検索ワードをひとつ決め、各サービスにて同様のワードで検索します。

内容はノンジャンル!そのとき気になっているものや、ただ目についたものまで
ふわっとお届けします!

ま、簡単に言うとふわっとしたまとめと思って頂ければ良いかと思います…

では早速やっていきましょう!

 

シュラフ コスパ で検索

 

今回の検索ワードは「シュラフ コスパ」です。

検索機能は優秀で、シュラフ=寝袋と認識しているものと仮定して今回はこちらにしました。

 

何か始める時って、コスパを重視しますよね!
せっかく買うのだから失敗したくありません!

 

格安!なら安いものが多いでしょうが、費用対効果の高いものなら値段の幅があるのではないでしょうか。

あ、ちなみにこれ、順不同となっています。

上からとか下からなんてすると優劣がついちゃうんでね、ご了承ください!
どれも良い商品ですよ〜!

それではやっていきましょう!

 

寝袋/シュラフ 吉田まとめ

No.1

スノーピーク セパレート オフトンワイド

自宅で睡眠をとっているかのような、そうまるでお布団のような商品

快適さを追求されて作られたこのオフトンは、暑い時には足を出すことができ、
さらに敷布団のみの利用もできる。

スノーピークさんってだけあって、様々なシチュエーションに対応可能。

封筒方のこちらの商品はマミー型が苦手な方でも、寝返りが大胆な方でもOK。

ワイドタイプレギュラータイプ2パターンの用意があります。

さらにさらにこちらの商品、連結が可能となっています。
キャンプが初めての小さいお子さんが、一人で怖い思いをしなくて済むんです。

対応温度やサイズが異なりますので、公式サイトからチェックしてみてください!

 

No.2

スノーピーク エントリーパックSS

こちらの商品は、アウトドア初心者何を買ったら良いかわからない
といった方にオススメです。

たくさんの記事をみましたが、どうもこれ、汎用性が高いと紹介者が口を揃えて言っています。
そしてリーズナブル。もちろん連結が可能です。

先ほどのオフトンもそうでしたが、連結することでダブルサイズほどの大きさの掛け布団にもなりますし、
一枚のシュラフを開いて、少し寒い時の追加の一枚に、なんてこともできる。

さらに収納すればクッションにもなるし、少し硬めの枕にもなるんだとか。

少し大きめなのは許せるほどのオールマイティープレイヤー。

リーズナブルで始めやすい、そして安定のブランド。

最終選考まで残ること間違いなしです。

 

No.3

ホークギア(HAWK GEAR)マミー型

圧倒的紹介数を誇るこちらの商品は、Amazon楽天で販売されています。

Amazonではベストセラー1位にもなるこちらの商品。
紹介者が口を揃えて言うコスパ。

私も過去に購入しましたがこの値段の割にはしっかりしてる納得の商品です。

ジッパーからマジックテープまで、多少あるチープ感、そして化繊のせいか多少気になるニオイはこの価格なら文句ありません。

−10℃まで対応とありますが、−10℃では間違いなくインナーシュラフが必要です。
別売りとなりますので、ニトリのNウォーム毛布などを使用検討されても良いかもしれません。

マミー型の割には意外とゆとりがあり、車中泊なら冬でも使用可能かと思われる暖かさ。
丸洗いできる点も嬉しいポイントとなっています。

 

No.4

ベアーズロックMX604 封筒型

「熊が安心して冬を越せる寝袋」をコンセプトに作られているこちらのメーカーからは
様々なシュラフが出されています。

中でも紹介数が多く感じたのがこちらの「MX604」と言う商品。

こちらは3.5シーズン対応型となっていて、内生地の肌触りの良さに定評がありました。

入れやすい収納袋で収納も楽々、丸洗い可能で繰り返し利用可能。

足元開放タイプの上、寒い季節に欠かせない頭部のドローコード顔まわりもあったかい仕様となっています。

熊が安心するほどの体験ができるのか、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

 

No.5

COZYONE  寝袋 封筒型

こちらもかなりの件数目撃。

早速Amazonで調べてみましたが、レビューが多く評価も良い。そして何よりバカ安い

最初に目についたところは重さがなんと950g快適温度は予想通り10℃と言うことでした。

ダブルジップ丸洗いなど、それなりに仕様を網羅しているようで、何か不具合があれば2年間の保証も付いているそう。

セールかなんかやってる時で、会社用にみたいな時に良いかもしれませんね。

レビューを見ても、空港泊会社泊引っ越し間もなく布団なしなど、リーズナブルだからこその、インスタント布団的立ち位置のようです。

しかしながら、皆さん満足されているようです。

リーズナブルなので、何もないのは嫌高いのは嫌。でも災害時用に置いておきたい…なんて人は良いかもしれませんね。

 

No.6

Soomloom マミー型

YouTubeでも単発で取り上げられたりと、よく見られたこの商品は、ダウンシュラフとなっています。

冬にアウトドアをされる方なら必須とも言えるダウンシュラフ。

ダウンの良いところは暖かさもありますが、コンパクトそして軽いところがgood。

650FPで1万円前後で購入できる点はさすがとしか言いようがありません。

しかしながら、過去に高コスパと言われたこちらの商品。

あるあるな話ですが、デビュー当時に比べ人気が出たせいか若干の値上がりをしているようです。

ダウンの中では圧倒的紹介数の商品。

今後様々な高コスパダウンシュラフが出てくる可能性がありますが、ナンガモンベルなどのガチ勢御用達アイテムでは少し高い…

なんて人には未だにオススメできるアイテムの一つでしょう。

 

以上、今回は寝袋をまとめてみました。

 

ここで番外編。

調べているときに気になったものを3つばかし紹介したいと思います。

 

番外編 3選

 

まず一つ目は

コールマン sleeping bag Mummy Style

圧倒的安定感

アウトドアメーカーでも最初に上がることの多いメーカーから出ているシュラフです。

マミー型コールマンと言う信頼できるメーカリーズナブル

化繊ですが、208×81(cm)5.8ポンド(2.6kgくらい)となっています。

 

二つ目は

モンベルよりファミリーバッグシリーズ

よくわからないメーカーは使いたくない!と言う方にオススメできる商品です。

連結できるタイプとなっており、ファミリー使用にもってこいだと思います。

−1℃まで対応できるタイプで1万円を切ってくるのは、モンベルクオリティーとも言えるでしょう。

 

三つ目は

TOOGEダウンシュラフ

2個連結でき、さらに−10℃までが快適温度、そして極め付けは1万円を切ってくるところ。

重量は2.3kgで、改良されて軽くなっているようです。

ダウンと言いながらFPの表記がなく、若干の不安要素はありますがレビューは高評価

−20℃でも使用可能の猛者もいるほどのこちらの商品。

謎深まるところもまた面白く、実力を体感してみたくなりました。

これもまた人気により高騰予定なのかどうなのか…

 

以上となります、この企画。

 

調べてみるとめちゃくちゃ商品ありました。

正直絞るのしんどかったです。笑

コスパの良いものを厳選しましたが、まだまだ良い商品があります!

いつかまた同じ企画や、ダウンシュラフに特化したりと、色々やってけたらと思います。

 

なかなか面白かった!さいごに…

 

今回はブログ、インスタ、YouTubeを参考に、恐らくn=50以上は見たと思います。

紹介数が多いからといって絶対にハズレないと言うことではありません!

大人の事情ってのもありますしね…

 

最終的に購入を決断するのはご自身です。

購入検討される方は必ずレビューなどの評価、そしてYouTubeやブログなどの記事をご自身で調べてからの購入をお勧めいたします。

たくさん紹介されているので、参考になると思います!

 

ちなみに吉田調べによると

寝袋は最も安価なものでは、1000円程度からありました。

具体的には、形は封筒型、中綿が化学繊維保温力は弱めです。

 

極端に安価なモデルだと

・ 生地の肌触りが悪かったり

・ インナーシュラフを使用しないと冬はきついなど

値段相応のものもありますので、購入の際はご注意下さい

 

今後もよく紹介されているものなどをまとめていきたいと思います。

こんな商品まとめてよー!なんてリクエストも随時募集中です!

 

アウトドア用品を売りたくなったら宅配買取をチェック!

キャンプ用品専門買取【JUST BUY】



キャンプ用品のレンタルならこちらをチェック!

手ぶらキャンプを楽しむ【hinataレンタル】



 

ではでは、また次の企画でお会いしましょう!

シュラフを買って冬のアウトドアを楽しみましょー!
くれぐれも風邪に気をつけてー!

-アウトドア, 生活, 遊び場

Copyright© よしだんち , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.